佐川の宅配便

MENU

宅配便の料金まとめ

インターネットショッピングを利用すると、殆どの場合で購入した商品が宅配便で送られてきます。その配達はとても速く、出荷した翌日もしくは翌々日には自宅に届くとあって、すぐに欲しかった商品を手にすることができる、とても便利なサービスです。

 

宅配をしてくれる業者は日本にいくつか存在しますが、その中でも有名な業者の一つといえるのが、佐川急便です。インターネットショッピングを利用できるお店で、宅配の指定業者になっているケースも目立つほど、盛んに利用されています。

 

中には、冷蔵庫や洗濯機のような家電、ベッドのような家具を単品で送りたい。あるいは引っ越しで利用したいという人もいるかと思います。

 

佐川急便は世間ではどちらかというと、法人向けの取引が多い業者のイメージがあるように見受けられますが、一般の人でも問題なく利用可能です。
実際に利用する際には近くにある営業所や取次店に持ち込んだり、営業所に電話連絡をして集荷を依頼することもできます。

 

佐川急便

 

料金の算出する時の要素は、送る場所までの距離、荷物の大きさと重量、輸送する手段の3つが関係します。

 

一般的によく利用される宅配便である、飛脚便の料金を東京から送ると仮定した場合、東京は関東に属しますので関東エリアを基準に料金が算出されます。

 

荷物の3辺を合計した大きさが60cm以内、重量が2kgまでの一番小さいサイズである時には、北海道と九州が1188円、四国1080円、中国972円、関西と北東北が864円、北陸・東海・信越・関東・南東北が同じ料金で756円となります。この他の一部離島に関してはまた別料金になりますので、営業所に問い合わせてみるとよいでしょう。

 

3辺を合計したサイズは80cmの重量が5kg以内や100cmの10kg以内、140cmの20kg以内に160cmの30kg以内まで用意されており、大きくなるほど料金は当然ながら高くなります。

 

160cm30kgよりも大きなサイズの取り扱いになると、飛脚便ではなく飛脚フリーサイズパッケージの料金が適用されます。こちらは3辺が260cmで重量は50kgまでの荷物を送ることができます。

 

飛脚便とは違って3辺合計サイズ毎に設定された重量ではなく、荷物の重さが10kg増える毎に270円が加算される設定となっていますので、利用の際には注意したいところです。

 

利用料金については最大サイズの場合で、もっとも安いエリアであっても6千円に近い料金と、かなりの高額になります。

 

ちなみに荷物の宅配を佐川急便に依頼する時には、集荷ではなく営業所や取次店に持ち込みをすると料金が100円安くなりますので、少しでもお得に利用するならば持ち込みで依頼するとよいでしょう。

 

クロネコヤマトの大型家具・家電配送についての記事はこちら